シミやそばかす除去のためのレーザー治療について

シミやそばかすの除去にはレーザー治療は有効

レーザー治療はシミやそばかす除去にも有効です。レーザー治療だと、患部にのみレーザーを照射させることができるので、きれいに取り除くことが可能となります。

シミとそばかすの種類

シミにはいくつかの種類があります。その種類によって治療方法が変わってきますので、注意が必要です

老人性色素斑

老人性色素班は、40代以降に多くあらわれるシミです。シミの中でも最も多いとされ、数mm程度の丸いシミが、時間の経過と共に少しずつ濃くなっていきます。

このシミの原因として一番多いとされているのが紫外線です。紫外線を浴びることで生成されるメラニンがそのまま沈着してしまったものといわれています。特に日頃から紫外線を繰り返し浴びてきていると、その影響も大きく、早いと20代からあらわれるとされています。顔の中では、特にこめかみや頬などに多くあらわれます。

老人性色素斑は、シミ取りレーザーやフォトRFアドバンスでの治療が可能です。

肝斑

肝斑(かんぱん)は、30代から40代ごろになるとあらわれ始めます。頬骨に沿って左右対称にあらわれることが多く、薄い褐色をしています。紫外線を浴びると、症状が悪化する場合があるので注意が必要なシミです。

また、肝斑は女性ホルモンのバランスが大きく関係していると考えられています。閉経すると肝斑は薄くなり、高齢の女性にはほとんどみられません。

さらに、過度な精神的ストレスや心身の疲れなどでホルモンバランスが崩れると、あらわれることが多いのも特徴です。妊娠出産、ピルの服用中、更年期など、ホルモンバランスが大きく変化しやすい時期になるとできやすくなります。

肝斑は、レーザートーニングやイオン導入での治療が可能ですが、紫外線だけでなく化粧品などの刺激や、顔を洗うときの摩擦などで刺激を与えてしまうと症状が悪化する場合もあるので、注意が必要です。

くすみ

シミだと思っていたら、肌がくすんでいただけだった。というケースもよくあります。くすみの主な原因は、皮膚の新陳代謝が滞っていることや、血行不順などになります。

くすみは、イオン導入やウルトラ美白レーザー、レーザートーニング、ケミカルピーリングでの治療が可能です。

そばかす

そばかすは、小さな丸い茶褐色の色素斑になります。鼻を中心に左右に広がる形であらわれることが多いのが特徴です。

そばかすは、優性遺伝といわれるほど遺伝性のものが多くありますが、紫外線の影響などでその色が濃くなる場合もあります。遺伝ではなく後天的にそばかすができる場合、紫外線の影響のほか、過度なストレスを受けることでメラニン細胞刺激ホルモンが活性化しそばかすが発生するとされています。

このようなストレスでできたそばかすは、自然には消えにくく、年とともに目立つようになっていくため、早めの治療がおすすめです。そばかすは、フォトRFアドバンスやシミ取りレーザーでの治療が可能です。

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスは、ADM(Aquired dermal melanocytosis)とも呼ばれる皮膚の深い部分、真皮層にできるしみになります。早いと思春期あたりから、20代から30代にかけて発生することが多いしみで、色が薄いタイプや濃いタイプ、灰色や褐色、灰褐色など、さまざまなバリエーションがあります。

また、発生部分も、頬骨周辺や下瞼、目元、こめかみ、鼻など、多岐にわたります。このADMは、紫外線の影響でできるものではないので、紫外線の強い夏場などに色が濃くなったりしないのも特徴です。

後天性真皮メラノサイトーシスは、Qスイッチモードのシミ取りレーザーでの治療が可能です。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、火傷やニキビなどが治まった後の肌に残る褐色のシミを指します。紫外線の影響などでできる他のしみと違い、傷痕のような症状が多いしみで、時間が経つと少しずつ薄くなっていきます。

炎症性色素沈着ができる原因は、主に外からの刺激になります。ニキビをつぶした後や火傷、切り傷、擦り傷などのほか、下着のしめつけなどの服のこすれ、洗顔の際に強く顔を擦るなど、肌への摩擦によって色素沈着が引き起こされます。また、わきや手足の脱毛にカミソリで何度も事後処理して黒ずみができてしまうのも、同じ炎症性色素沈着となります。

炎症性色素沈着は、レーザートーニングやケミカルピーリングでの治療が可能です。

シミとそばかすのレーザー治療について

レーザー治療は、施術時間が短く数分程度で終わるので、忙しい人でも手軽に受けることができます。また、比較的リーズナブルな料金を部分別に設定しているクリニックも多くあります。そのため、シミが気になる部分だけ集中的にケアしたり、まずはお試しで受けることも可能です。

また、レーザー治療は、最小限の熱ダメージとピンポイントにしみ部分のみ熱で破壊する治療法なので、痛みが少なく安全性の高い治療方法になります。ダウンタイムも短いので、治療後翌日から仕事や家事をすることが可能です。

レーザー治療の流れ

治療当日は、レーザーを照射する部分のメイクを落とし、消毒を行います。照射部分に軽くゴムではじく程度の痛みがあるレーザーを照射します。照射は数分程度で終わり、痛みが心配な場合は、表面麻酔を行うこともできます。その後、照射した部分に炎症を抑える軟膏を塗り、テープを貼ったら治療終了です。このテープは7日程度貼ったままの状態にすることが大切です。

治療後、4日程度経つと、レーザーを照射した部分に少しずつかさぶたができてきます。7日ほど経ったら、治療後から貼っているテープを剥がします。その時、かさぶたが剥がれる場合と剥がれない場合がありますが、無理に剥がさず、自然にかさぶたが剥がれるまで気長に待ちましょう。

テープを外した部分に紫外線が当たると新しいしみを誘発する原因となります。紫外線を避け、治療後は最低でも3ヶ月は日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、テープを治療箇所に貼ったりして、徹底的に紫外線を避けるようにしましょう。

レーザー治療のアフターケア

レーザー治療後は、アフターケアにも気をつける必要があります。

  • メイク落としや洗顔フォームの使用
    治療直後から可能ですが、レーザーを照射した部分に貼ったテープは外すことができないので、テープの上からになります。

  • メイクや日焼け止めの使用
    治療直後から可能ですが、レーザーを照射した部分に貼ったテープは外すことができないので、こちらもテープの上からになります。

  • 治療箇所のマッサージ
    レーザーを照射した部分のマッサージは、治療後3ヶ月を経過したら可能ですが、レーザーがあたっていない部分は、治療直後からでもマッサージ可能です。

  • 化粧水や乳液の使用
    治療直後から可能ですが、レーザーを照射した部分に貼ったテープは外すことができないので、こちらもテープの上からになります。

  • シャワーやお風呂に使用
    治療当日から可能です。

レーザー治療の費用

しみの種類によって使用できるレーザーの種類は変わってきます。また、しみの大きさや治療したい大きさ、回数などによっても違います。

まずは、自分のしみがどのタイプのしみなのかをカウンセリングなどでしっかり把握し、治療回数や治療方法などを確認することが大切です。

【参考】

コンテンツ一覧
手軽にキレイ!プチ整形navi【名古屋版】