鼻のプチ整形

鼻整形は難しい?どのような施術があるの?

手術の方法は、それぞれのコンプレックスの原因によっても違います。小鼻が大きすぎる場合は、切り取って内側もしくは外側から縫い縮めます。大きすぎる鼻は、鼻の内側から軟骨を削り取る施術を行います。高さが足りないなど、形を変えたい場合は、切り開いてプロテーゼという人工軟骨をプラスする方法があります。鼻の内側で縫うので、表面に跡が残るようなことはありません。顔の中心に位置する鼻を切り開くことに抵抗のある人には、切らないプチ整形もあります。

鼻のプチ整形で一番多い方法は、ヒアルロン酸注入です。鼻のパーツの中で、不足している部分にヒアルロン酸を注入します。施術を希望する人は鼻の根元の目と目の間が低くて、横顔がきれいではないと悩んでいる人が多く、眉間に入れる場合と鼻梁のラインを整える場合があります。ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、危険が少ない施術ですが、同時に効果もなくなっていくデメリットがあります。ほぼ、6ヵ月から1年くらいで形が元に戻るので、再度施術を行う必要があります。施術は5分以内で、腫れが引くまで待つダウンタイムもほとんどありません。まれに、内出血を伴う場合がありますが、コンシーラーなどで隠せる程度なので安心です。

鼻の整形!ヒアルロン酸注入でできること、美容整形でできること。も参考にしてください。

そのほかのプチ整形の方法としては、鼻中隔延長があります。鼻中隔延長というのは、外科手術用の体内で溶解する糸を、鼻先から挿入して、鼻先を尖らせたり、鼻筋を通らせたりします。ヒアルロン酸注入では、解決できない悩みに効果的です。しかし、この場合も施術用の糸は、ほぼ1年で溶けてしまうので、体内に残って害を及ぼす心配がありません。また、溶けてしまった後も糸があったところの体組織がそのままの形をしばらく維持するので、すぐに元に戻ってしまうわけではありません。施術時間は約20分で、ダウンタイムもほとんどありません。1年以上効果が持続します。

鼻のプチ整形:価格で見る名古屋でおすすめクリニック

1位「さかえクリニック」
ヒアルロン酸注入(鼻)50,000円〜
さかえクリニック

2位「湘南美容外科名古屋院」
鼻中隔延長 最低4本64,500円〜
クレヴィエル(ヒアルロン酸の一種) 75,000円
ラインフィールウルトラ(ヒアルロン酸をカプセル化することで体内に吸収されにくくしています。ラインフィールウルトラを使えば、通常6ヵ月から1年で再施術を受ける必要がありますが、ラインフィールウルトラマンなら1年以上は大丈夫です。そのため通常より少し高めの値段設定になっています。) 98,000円
湘南美容外科名古屋院

3位「表参道スキンクリニック名古屋院」
隆鼻ヒアルロン酸 1cc:80,000円
表参道スキンクリニック名古屋院

さかえクリニックで鼻のプチ整形

さかえクリニックは、安全な科学根拠のある治療を行っています。また、患者がきちんと知識を持つように、パンフレット、書籍、DVDなどの医療情報を無料で提供しています。アラガン社製JUVEDERM ULTRAシリーズ、TEOSYAL製ヒアルロン酸といった品質が信頼できるヒアルロン酸のみを使用しています。ドクターがきちんと患者さんの鼻の形について希望を聞き出し、できるだけ希望にあった鼻の形を実現しています。たとえば鼻梁の形を整えたい場合、低いところに数カ所注射をします。この位置設定は何と言っても経験が一番だいじですから、ベテランの末武信宏先生にお任せください。学生の方で、就職活動のために第一印象をよくしたいから施術を考えている場合、学割もありますから安心して利用してください。さかえクリニックはつねに患者さんに寄り添っています。

コンテンツ一覧
手軽にキレイ!プチ整形navi【名古屋版】