プチ整形と美容整形の違いを徹底分析

プチ整形と美容整形の違いって?

プチ整形と美容整形の違いは「メスを使うか、使わないか」「時間が経つと元に戻るかどうか」にあります。

プチ整形はメスを使わないものが多く時間の経過とともに元に戻ることも。例としてあげられるのは、ヒアルロン酸注入などのアンチエイジング施術や二重施術です。二重施術はメスを使う施術と使わない施術がありますが、時間の経過とともに戻ることがあるので、プチ整形のひとつです。美容整形はメスを使うことで、大幅に見た目が変わることもあるのが特徴。プチ整形と違い、時間の経過とともに元に戻ることはありません。女性たちの間では「美容整形には罪悪感があるけれど、プチ整形は気軽にできる」なんて声があるようです。

プチ整形とは?

プチ整形は基本的に「メスを使わない整形」です。一部には、メスを使うものもありますが、美容整形と違い、元に戻ることもあるのが特徴。施術範囲も限られているので、気軽に受ける人も多いようです。

外見の変化は、メイクやスキンケアのようなものが多く、メスを使わないことが多いので傷跡が残ることもほとんどありません。合併症や副作用のリスクが少なくて済むので、美容整形と比べるとお手軽な整形といえます。プチ整形は、若い女性がメイク感覚で受けたり、ヒアルロン酸注入やボトックス注射といったアンチエイジング効果が得るために受けたりと、整形の効果と年齢はさまざま。プチ整形は、手術の範囲が狭いのも特徴です。施術を行う範囲が狭いので、リスクが少なく、術後の回復期間も短くて済みますし、料金もリーズナブル。メスを使わない気軽な施術で痩身や二重になれるので、女性の願いを叶えてくれるのがプチ整形だといえるでしょう。

プチ整形のメリット

リーズナブルな料金

プチ整形は1万円から受けられます。サービスや施術方法によって、料金に幅がありますが、美容整形に比べるとリーズナブルな価格から選ぶことができ、選択肢が多いのがポイントですね。

短い施術時間!その日のうちに帰宅できる

プチ整形は簡単なものだと10分程度で終わります。そのため、入院の必要はなく、日帰りも可能。顔のプチ整形を行っても、施術後すぐにメイクをして帰ることもできるようです。術後の回復期間も短くて済むのがメリットだといえます。

メスを使わないことが多いのでリスクが少ない

プチ整形は、メスを使わないものが多く、回復が早いのが特徴。メスを使わないので、傷跡が残ってしまうなどの心配がありません。メスを使うプチ整形を行う場合でも、痛みにも配慮して、安全性や効果を追求したオリジナルの施術を提供しているクリニックも多いようです。

元に戻すこともできる

プチ整形は、美容整形とは違い骨を削ったり、メスを入れたりすることの少ない施術。ある程度の期間をおけば、医師の診断のもとで施術をやり直せます。体への負担を考えると、あまりおすすめはできませんが、気に入らなかったとき、取り返しがつくのはうれしいポイントです。

プチ整形のデメリット

元に戻ってしまう

プチ整形は、メイクをする感覚で行える施術です。メイクを落とすように、時間の経過とともに効果が薄れてしまうのがデメリット。プチ整形の効果を感じられなくなる数年ごとに施術を受ける必要があります。

クリニックによって料金が違う!

美容整形は、自由診療のためクリニックが自由に料金を決めることができます。そのためクリニックによっては、同じような効果を得られる施術がまったく違う料金で提供されている場合も。情報収集をしっかり行っていれば、リーズナブルな料金で受けられたのに、と後悔することもあるようです。

担当してくれる医師によって施術結果に差があることも

プチ整形は、メスを使わない施術が多いともいっても、施術には専門的な知識や経験が必要。きれいになりたくてプチ整形をしたのに、思い通りの見た目にならない結果に終わってしまうのは、悲しいですよね。しっかり医師の腕を見極めないと、望むような結果が得られないことがデメリットです。

失敗のリスクも

いくらプチ整形といっても、医療行為のひとつです。受ける施術によってはメスを入れるものがあり、副作用や合併症など失敗の可能性もゼロではありません。後悔しないためにも情報収集を行い、しっかりとした医師やクリニックを選ぶことをおすすめします。

美容整形とは?

美容整形は、見た目が大きく変わる手術。メスを使う事が多く、施術によっては皮膚や骨を削ることもあります。シリコンなどを胸に入れてバストアップすることも可能です。鼻を高くすることや、目を大きくすること、美しく痩せることなどもできます。

女性にとっては、女性のこうなりたいと思った「理想の女性」に近づくことができ、一度施術を受けたら半永久的に効果があるのが美容整形。いつまでも美しくいたいという女性の願いをかなえてくれます。

自分がコンプレックスに思っていた外見を変えることができるので、美容整形を機に自信が持てるようになる女性も多くいるようです。

美容整形は、一度手術を受けるとその効果が半永久的に続き、施術の効果によっては、別人にもなれる医療行為。しかし、体にメスを入れる手術なので、大きな抵抗感を感じる人も多いようです。

美容整形のメリット

効果は半永久的に続く

美容整形は一度施術を行うと、半永久的にその効果が続きます。まったくもってケアがいらなくなるというわけではありませんが、プチ整形と比べると長期間効果を維持できます。「いつでも美しくありたい」という願いを叶えてくれるのが美容整形といえるでしょう。

自分に自信が持てるようになる

美容整形は、コンプレックスになっていた外見を変え、自分のなりたい姿になることができるので、コンプレックスがなくなり、自分に自信が持てるようになるのが美容整形の最大のメリット。毎日を前向きに楽しく過ごせるようになるのはとてもいいことですね。

なりたい自分になれる

ひと言で美容整形といっても、施術の種類はさまざま。目を大きく見せたり、顎の骨を削り顔の輪郭をシャープに見せたりもできます。自分のコンプレックスだと感じている体の一部にメスを入れ、体型を変えるのだって可能。自分の理想とする姿に近づけます。

高度な美容整形を受けることができる

美容整形の技術は日々進歩しています。クリニックによってたくさんの施術が提供されているので、なりたい自分の姿に近づくために情報収集が大切だといえるでしょう。

美容整形のデメリット

費用が高い

美容整形は、高額な医療費が全額自己負担になるので、一度に何百万円という金額がかかることも。自分の理想の外見に近づくための選択肢も多いので、出費がかさみがちなようです。

術後のケアの時間が長い

一度行ってしまえば、半永久的な効果が得られるだけあって、身体への負担は大きいと言えるでしょう。美容整形の種類によっては、長期間にわたる入院や医師によるケアが必要になります。施術を受けた後は、しっかりと自分の体をいたわってあげましょう。

合併症や副作用の心配も

美容整形はメスを入れることや骨を削るため、体質や体調によっては副作用や合併症を引き起こすリスクがあります。手術後は医師の診断を受けて体を休めるのが大切です。

心理的なハードルが高い

近年では少なくなってきていますが、見た目が大きく変わる美容整形は、受け入れられないという人も。そのため、美容整形をためらう女性も一定数いるようです。

失敗するリスクもある

美容整形は、必ず成功するものではありません。経験の少ない医師や腕の良くない医師が手術を行い、思ったような結果が得られないこともあるのです。そうならないために、しっかりとした施術とケアを行ってくれるクリニックや医師を選ぶことが大切といえます。

埋没法と切開法!二つの二重術

二重整形には主に「埋没法」と「切開法」の2種類があります。この二つの大きな違いはメスを使うか使わないか。この二つの施術にそれぞれのメリットやデメリットがあるので、どちらの施術法が自分に合っているのか把握しておく必要があります。

埋没法

埋没法はメスを使う代わりに髪の毛より細い医療用の糸を用いて行う手術法です。まぶたと目を開ける時に使う筋肉やその周りを結ぶことで、二重ラインをつくります。埋没法には「瞼板(けんばん)法」「瞼挙筋(けんきょきん)法」「瞼板上端(けんばんじょうたん)固定法」の3種類に分けられます。 瞼板法は皮膚のたるみが少ない人向けで、まぶたの皮膚と裏側の瞼板というところを糸で止めて二重をつくります。一方の挙筋法は皮膚のたるみがある人向きで、まぶたの皮膚と裏側にある挙筋というところで糸を止めて二重にする方法です。このように「瞼板法」と「瞼挙筋法」の二つは糸を結ぶ場所が異なるので、仕上がりも違ってきます。

切開法

埋没法とは異なり、メスを利用して行う二重整形が切開法で、理想的な二重を半永久的に手に入れることができます。また、目の上の脂肪を取り除くことができるため、腫れぼったい目もとで悩んでいる方におすすめ。埋没法では難しい幅広い二重を望んでいる方にも適している手術法です。

埋没法と切開法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。患者一人ひとりの要望や顔の形によって施術方法は異なるので、各施術法の特徴を知っておく必要があります。 次のページではそれぞれのリスクや注意点まで詳しくまとめているので、比較してみましょう。

コンテンツ一覧
手軽にキレイ!プチ整形navi【名古屋版】