名古屋で二重をプチ整形したときに気にすべきアフターフォローは?

名古屋で二重をプチ整形したときに気にすべきアフターフォローは?

顔の印象を良くするために、ぱっちりとした二重にプチ整形をする人もいるでしょう。整形手術と聞くと仰々しいイメージがありますが、日本でも整形手術は身近なものとなってきています。その中でもプチ整形と呼ばれる二重整形は気軽に行っている人も少なくありません。

二重整形をするメリットとは?

どうして、わざわざ整形手術をしてまで「二重」にしたいのか、と思う人もいるのではないでしょうか。二重にすることで、一体何が変わるのかというと「一重まぶた」の人はやぼったく見えてしまうことが多いのです。毎朝早く起きて、二重メイクをしている女性もいるでしょう。プチ整形をすることで、そういった手間を失くすことが出来ます。

二重だと明るい印象がある

実際、一重か二重かで性格の変化はありません。しかし、ぱっちりした二重の方が性格も明るくて可愛い印象を持たれてしまうのは事実です。一重か二重かを気にしない女性もいますが、それは少数派と言っても過言ではありません。一重の人のほとんどが目にコンプレックスを持っていて、二重の人と自分を比べて卑屈になってしまう人も少なくないのです。

アイプチでかぶれてしまう

プチ整形をしなくても「アイプチ」などで、二重メイクをすることは出来ます。しかし、二重のりには「ラテックス」という成分が含まれていて、アレルゲンの1つです。必ず起こるわけではありませんが、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、気をつけましょう。他にも肌が敏感な人はかぶれてしまうこともあります。プチ整形をすることで、アイプチを使うこともないので、かぶれてしまう心配もありません。

プチ整形ではやれることに制限がない

アイプチなどは、海水浴などでバレてしまう可能性もあります。バレてしまうだけではなく、水に濡れることによって、のりがはがれてしまい、海水浴前と後で顔が違って見えるということもありえるので気をつけましょう。

プチ整形後は目が腫れるので気を付けよう

二重整形をすることで、必ず目は腫れてしまいます。埋没法、切開法、こちらの術式もまぶたの組織を傷つけるので大なり小なりの炎症が出てしまうのは普通なのです。しかし、あまりに目の腫れが酷くなると周り二重手術がバレてしまいですよね。ここでは、少しでも腫れを軽減するための方法を紹介します。

腫れの少ない術式はどっち?

両方の術式で腫れると言いましたが、実は埋没法には腫れにくい術式があります。極細の糸を使うことで、まぶたへのダメージが軽減されるのです。そのため、一般的な術式よりも腫れが軽減されます。しかし、5倍以上の費用がかかるので、どちらが自分に適しているかをきちんと考えましょう。

経験豊富な医師を選ぼう

経験豊富な医師であれば、手術時間も短いです。手術時間が長ければ長いほど、まぶたへの影響も大きくなって腫れが強くなる傾向があります。慣れている医師の場合、手術時間を軽減することによって、まぶたへの影響を少なく出来るんです。その結果、腫れも軽減されます。

目に力を入れないようにしよう

整形手術ということで、ガチガチに緊張する人もいるでしょう。しかし、目に力を入れてしまうと、血圧が上がってしまうので出血が多くなり、腫れも酷くなってしまいます。二重手術だけではなく、手術をする人にリラックスするように、というのは血圧が上がることによって出血が多くなるのを危惧しているからなのです。

プチ整形後に自分で出来るフォローとは?

まぶたの腫れを軽減出来るように、手術後に自分で出来るケアを紹介します。ただ、勝手に行うのではなく、きちんと医師に相談をして許可をもらってから実行してください。手術後は、たとえ僅かなことでも医師に相談してから行わないと「行ってはいけないこと」を知らずに行う可能性があります。

一時的にでも禁煙をしよう

喫煙をすると、傷の治りが遅くなってしまいます。喫煙者は傷の治りを遅くしないように、最低でも3日間は喫煙を避けて下さい。出来るならそのまま禁煙を続行した方が健康にもいいので気をつけましょう。喫煙は害こそあっても得にはなりません。これを機会に禁煙に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

まぶたを定期的に冷やそう

手術後はアイスノンや保冷材をタオルに包んで、まぶたに当てて冷やしましょう。ただし冷やし過ぎるのも良くありませんので、ちょっと冷たく感じたら離すようにしましょう。気をつけたいのが、冷やすためにジェルシートを使うことです。あれはジェル部分の成分が傷への刺激になるので気をつけましょう。

お風呂はぬるめのものにしよう

熱いお風呂に入ると、血行を良くしてしまいます。そのため、まぶたの腫れが酷くなるので出来るだけ身体を温めないように、お風呂はぬるま湯に浸かる、もしくはシャワーだけにするなど、身体を温めない工夫をしましょう。温めすぎることによって、傷の治りが遅くなるなどもありますので気をつけてください。

プチ整形後のアフターフォローはどんなことをすればいい?

手術後、医師によるアフターフォローが万全な病院を選びましょう。手術をして終わり、ではなく、きちんとアフターフォローが行われている病院で行わないと、合併症などの心配が出てきます。

術後の経過診察などをきちんとしてくれる病院にしよう

医師の中には、手術をしたら終わりという考えを持つ人もいます。しかし、手術をしてもらった側としては、きちんと経過診察などを行ってくれる医師の方がいいですよね。口コミやネットでの評判なども参考にしながら、手術を依頼する病院を決めましょう。

傷跡のケアもきちんと行ってくれる医師にお願いしよう

埋没法、切開法、どちらであってもまぶたを傷つけることに変わりはありません。きちんと女性の顔を手術しているのだという自覚を持った医師にお願いをするようにしましょう。万が一、術後に傷が残った場合、適切なケアを行ってくれる医師ではないと不安が残ります。近年はネット時代なので、病院や医師の評判も前もって調べておくことも大切です。

合併症にならないようフォローしてくれる医師

もしかしたら、病気などで薬治療を行っている人もいるかもしれません。そういう事情に合わせてくれる医師を探すことも大切です。普通であれば、前もって事情を聞いてくる医師がほとんどです。逆にそういったヒアリングがない医師の場合、別の病院に依頼することも検討しましょう。どちらにしても「手術」なのですから、安易な考えを持つ医師にはお願いしない方がいいでしょう。

まとめ

二重手術の中には、信じられないほどの安価で行ってくれるところもあります。しかし、やっぱり安すぎるところは不安が残ります。僅かなお金を節約したために、失敗してしまったということがないように、相場での依頼をお願いした方がいいのではないでしょうか。安全をお金で買うわけではありませんが、医師も技術者です。自分の技術を安売りする人は「大丈夫なの?」と思われても仕方ありません。逆にそういった方に依頼することで「費用をケチるから......」と言われてしまうようなことにもなりかねません。患者は医師の技術をお金で買うようなものなのです。良心的な医師もいるのでしょうが、経験のない医師が経験を積むためにあえて安価な価格設定をしている場合があるので、気をつけましょう。

手軽にキレイ!プチ整形navi【名古屋版】