鼻の整形!ヒアルロン酸注入でできること、美容整形でできること。

鼻の整形について、ヒアルロン酸注入と美容整形でできることをご紹介します。

ヒアルロン酸注入でできること

鼻の整形で手軽にできる方法が、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸を注入することによって、高くすることができます。日本人の鼻は、多くの場合高さがあまりありません。高さがないと、どうしてものっぺりとした顔になりがちです。

流れとしては、まず希望する鼻の形、主に高さが出せるかどうか、カウンセリングで医師と相談します。その後、注入する範囲は医師がマーキングしてその部分にヒアルロン酸を注射で注入していくだけ。鼻の付け根や鼻筋、鼻先などで量を調整しながら入れていくことで理想の形を作っていきます。注入は10分程度で終わらせることができるので、プチ整形として人気があります。

ただし、ヒアルロン酸注入だと基本は鼻の高さしか変えることはできません。縮めるということができず、ボリュームアップが基本となります。

注射による影響はない?

ヒアルロン酸を注入することで、アレルギー反応などが心配になりますが、ヒアルロン酸はもとから体内にある成分です。そのため、アレルギー反応を起こすことがない、安心の成分です。

注入後どれぐらい形は維持できる?

ヒアルロン酸は体に自然と吸収されていくので、そのペースは人によって違います。一般的には、形が維持できるのは1年ほどとなります。その後、少しずつ吸収されていくので、2年から3年ぐらいで元の状態に戻るでしょう。最近は、より長く維持できるヒアルロン酸が使われるようになっているため、5年ほど形が維持できるものもあります。

美容整形でできること

鼻の整形は、どんな形にしたいかによって行うべき手術がかわります。鼻先を高くしたい・鼻先を細くしたい・小鼻を小さくしたい・上向きの鼻を治したい・鼻筋を細くしたいなど...いろいろな希望があるはずです。希望によって、どんな手術をするべきかは医師と相談しましょう。

中に人口軟骨を入れる方法もあれば、切り取って縫う方法などもあります。一部の手術をご紹介します。

小鼻収縮(内側法)

小鼻が横に広がっている状態を、小さくして美しく整える方法です。小鼻の穴側、内側を切り取って縫うことで縮めます。同じく切って縫いとめる方法で外側法もあるので、小鼻をどうしたいかによって選択できます。

鼻尖形成術

だんご鼻と呼ばれる状態をすっきりとさせる手術です。余分な軟骨を取り除くことで、細くなります。鼻の内側から脂肪や軟骨を取り除くだけなので、傷跡が目立つことはありません。

プロテーゼ

鼻を高くするための手術です。鼻の穴の内側の少しだけ切開して、プロテーゼと呼ばれる人工的に作られた軟骨を入れていきます。プロテーゼは腐敗することもないので安心です。I型とL型の2種類から選択可能なので、希望する鼻の高さに整えることができるでしょう。

形はどこまで変えることができる?

上でお伝えしたように、鼻の形をどのようにしたいかは人それぞれ違いがあります。どの部分をどうしたいか、できることに限界はありますが、基本的には希望に沿って様々な形に変化させることができます。ほとんど希望通りに手術を受けることができるでしょう。

術後どれぐらい形が維持できる?

手術を受ける場合、効果は半永久的になります。ただし、永久とは言い切れません。それは、縫いとめたり軟骨を入れたりといったことをしているので、中には形が崩れてしまう恐れもあります。普通に生活している分には問題ないかもしれませんが、必ず永久的に持続するとは限りません。

とはいっても、手術に成功さえしていれば、それほど心配する必要はないでしょう。

手軽にキレイ!プチ整形navi【名古屋版】